ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ別に失敗しないアイラインの引き方をご紹介します。

MENU

アイライナーの種類

アイライナーを引くのは難しいですよね。アイライン自体引く事自体が上手に出来なかったり、上手に引けても時間が
経つとにじんでしまったりする人は多いのではないでしょうか?そこでここでは上手にアイラインを引く方法をご紹介します。

 

アイラインの種類

アイラインには目の形を整えたり際立てたりさせるメイクです。
アイラインにはいくつか種類があり、それによって引き方が変わります。まずは自分に合ったアイラインを探すようにしましょう。

 

ペンシルアイライナー

アイラインを引く女性

鉛筆上のアイライナーで、ラインを引く事に失敗しても綿棒で簡単にぼかすこともできるアイライナー初心者が一番使いやすいタイプのものです。
ペンシルアイライナーには鉛筆上のものと本体を回す事で芯を出して使用するものがあります。
使い方は、目尻から引き始めます。一気に引くのではなく、少しずつ引きながら、自分の好きな太さのラインを書いて目尻まで引きます
書き終えたら綿棒や小さなチップなどで全体を軽くぼかすようにしましょう。

 

リキッドアイライナー

リキッドアイライナーとは名前の通り液状のアイライナーです。
リキッドアイライナー自体にも筆ペンタイプ、フェルトペンタイプなどがあります。
ペンの先が細くなっているので、重ねて書けば太いアイラインをつけられるなど、自分の好きな太さのラインを引く事が出来ますし、
時間が経ってもにじみにくいのも特徴の1つです。
しかし、アイライナー初心者が使用するとライン自体が上手に引く事が難しいでしょう。何度も練習して失敗しないラインを引けるようになる事が大事です。
リキッドアイライナーを使用するときには目尻から中間まで引き、その後目頭から中間まで引いてラインを繋げるようにしたほうが引きやすいでしょう。

 

ジェルアイライナー

回して出して使用するタイプのものがあります。
初めてジェルタイプのアイライナーを使用するのであれば、ペンシルジェルタイプのアイライナーは筆でジェルを取って描くタイプのものと、ペンシルアイライナーのように芯をくるくるタイプのジェルアイライナーの方が使いやすいのでおすすめです。
イメージとしてはリキッドアイライナーとペンシルアイライナーの中間のようなタイプのアイライナーですね。
筆につけて使用するジェルアイライナーを使用する場合は、一度手の上に少量出してなじませたほうが、使用する量を調節しやすいのでおすすめです。
上手にラインが引けない場合は、少しずつ綿棒でぼかすようにするときれいにできます。

 

ジェルアイライナーやリキッドアイライナーを使用する場合、一度ペンシルアイライナーで線を引いて、その上から引くようにすると簡単にきれいにラインを引く事が出来ます。