まつエクはお金は掛かりますが、最高の仕上がりが約束されています。

MENU

ぱっちり目の作り方

ぱっちりした目は女性の憧れと言っても良いぐらい愛されています。
男性から見た時に、瞳がきれいだと自然と可愛く感じて惹かれてしまいます。
同性からも素敵な印象を持たれるので、ぱっちりした目を表現するのが女性の憧れです。

 

そんなぱっちり目を作るのに利用されるのが、マスカラつけまつげまつげエクステです。
まつげをいかに長くふさふさに見せるかがポイントで、それによって見た目の雰囲気が大きく変わるのです。

 

マスカラの画像

  1. まつ毛に特殊な薬品を付けるマスカラ
  2. 接着剤でべっとり付けるつけまつげ
  3. まつ毛1本1本に負担を強いるまつげエクステ

どれも正直、まつ毛に優しいイメージはありません。
美しさや可愛さを作るために、まつ毛は犠牲になっていると考えて良いでしょう。

 

さて、この3つの手法にはそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

何が1番良いのか結論を出してみたいと思います。

 

マスカラ

特殊な薬品をまつ毛に付けるもので、水で簡単に洗い流せるタイプが増えています。
とは言え、まつ毛にマスカラを塗るのは神経を使いますしメイクの時間は自然と長くなるでしょう。

 

つけまつ毛

接着剤で付けるのでメイク時間は大幅に短縮されます。
簡単にかわいい印象を作れるのですが、実はまつ毛に強い負担を掛けています。
取り外す時にまつ毛を引き抜いてしまい、ダメージを与えてしまうケースも少なくありません。

 

まつエク

これはまつ毛を自然に増やせるのでナチュラルな仕上がりになります。
長さや増やす量も選べるので完成度は高くなるでしょう。
デメリットとしては、まつエクを自分でやるのはすさまじく大変という点です。
サロン等で施術してもらわないときれいに仕上げるのは困難でしょう。

 

それぞれにメリットとデメリットを持っていますが、あえて1番を選ぶならまつエクです。お金は掛かりますが最高の仕上がりが約束されているからです。

 

まつ毛のダメージを減らすならマスカラですが、メイク時間の短縮で低コストならつけまつ毛が有効です。
結局のところメリットとデメリットがあるので、三つ巴の争いはしばらく続きそうです。