リップカラーは自分の肌色に合わせたカラーを選びましょう。

MENU

リップカラーについて

女性の唇は非常に魅力的で、男性が好きな部位の上位になっています。
キスを想像させるリップは、つやつやしていて潤いがあるのが理想的と言えます。
また、色合いも重要で、メイクの仕上げを飾ると言っても過言ではありません。

 

 

リップカラーの種類ですが、四季に合わせて4つに分類するのが一般的です。

  1. 春のスプリング
  2. 夏のサマー
  3. 秋のオータム
  4. 冬のウィンター

に別けられるのです。

リップ

 

これは何も、季節ごとにリップカラーを変更するという意味では無いです。
自分の肌の色を4つの分類して、そこから似合うリップカラーを選ぶ基準になっているのです。

 

オレンジやピンクの紙を使って鏡を見たり、手首の色を見てイエローベースかブルーベースかを見てみましょう。

 

イエローベースの人には、春のスプリングカラーがおすすめです。

キュートなイメージで、明るくほんのりと黄色みがあるリップカラーが良いです。
オレンジからコーラルピンク辺りが似合いますので、後は実際に付けてお気に入りを探してみてください。
選択した色がオレンジ系であれば、グロスを取り入れると可愛らしい顔に仕上がります。

 

ブルーベースの人なら、夏のサマーカラーが良いでしょう。

青みを帯びた穏やかな色調が似合う可能性が高いです。
この色が似合う人は、上品さや清潔さ、エレガントな雰囲気を出す素質を持っています。メイクもそれに合わせて調整すると、美人な自分を演出できるはずです。
青みがあると言っても、基本的にはピンク色のリップです。
自然な色付きになるので、意識して合わせてみましょう。

 

イエローベースでかつ肌がくすんでいるなら秋のオータムです。

鮮やかなリップカラーは避けて地味なものを選ぶと良いでしょう。
地味と言っても、オータムカラーが似合う人はそれを引き立てる素質があるのです。
ブロンズやコパー系のリップが似合うのも特徴で、ほんの少しゴールドを加えるとキラキラで華やかになります。

 

ブルーベースで色白なら冬のウィンターが最適です。

クリアな薄い色で、アイシーピンクなどのモダンでシャープな色が似合います。
年配の女性なら真っ赤なリップを付けても似合うでしょう。

 

 

自分に合うリップカラーを見つけて、美しさをワンランクアップさせてみてください。