プライマーは化粧水や乳液などのスキンケアの後に肌に均一に塗ります。

MENU

プライマー

プライマー」という言葉を聞いたことはありますか?プライマーとは英語で「primary」日本語にすると「最初のもの」という意味で、良くペンキを塗る前の下地として使われる塗料のことを指します。メイクにおいても意味は一緒で、メイク前の下地のことを言います。
つまりは「ファンデーションを塗る前の下地」のことを指します。ちなみに化粧水や乳液などの「スキンケア」の後に行うものをいいます。
プライマーはファンデーションを塗る前に使用することで、肌の凹凸をなくしたり、目立ってしまう毛穴やシワなどを
目立たないように平らにする効果があります。すると時間が経つと崩れがちなメイクを長時間キープする事にもつながります。

 

プライマーの使い方

プライマーはスキンケアの後にお肌に均一に塗るだけです。しかし、いくら毛穴を目立たせないようにしたいからといっても、プライマーの量を多くつけすぎてしまったりすると、メイクが崩れる原因になってしまいます。
小鼻のまわりや頬周りなど毛穴の目立ちやすい所に少量を薄くつけ、肌になじませるように伸ばしましょう。肌になじませるコツは指をクルクル動かして毛穴を埋めるようなイメージで塗ることです。下から上に向かってクルクル塗るようにしましょう。

 

プライマーの成分

プライマーのイメージ画像

プライマーは凹凸を隠す為に「シリコン」が主成分として使用されている事が多いです。
具体的には、「ジメチコン」「シクロペンタシロキサン」「シクロメチコン」「ポリマー」などです。良くヘアシャンプーなどにもシリコンが使われていますね。
シリコンは髪に良くないから、と今ではノンシリコンのヘアシャンプーが販売されています。もともとヘアシャンプーになぜシリコンが使われているかというと、痛んだ髪の凹凸を埋めてこれ以上髪が痛むのを防ぐ為に使用されているのです。
メイク用品に使用されているシリコンは肌によくないのでしょうか?結論としては「きちんとメイク落とし出来れば大丈夫」です。
毛穴を埋めてしまうわけですから、シリコンをきちんと取り除かないままにしてしまうと、毛穴がふさがって呼吸できないままになってしまい、肌のターンオーバーがうまく働かなくなってしまう為、肌の老化の原因に繋がってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、シリコンは普通の洗顔料だけでは落ちにくい場合があります。
油分の多いクリームタイプやオイルタイプなどのクレンジングを使用するとシリコン成分としっかりなじむ為、きちんと落とす事が出来るのでおすすめです。
肌トラブルを防ぐ為にも、プライマーを使用した後は普通よりもしっかりと洗顔を行うように心掛けましょう。

 

カラーコンタクトについてはこちら

カラーコンタクトについて